?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?> 給湯器 | この料金で設置まで?

クラシアン

 

給湯器交換

給湯器からお湯の出が悪くなったり、ガスの不燃表示などでお風呂が沸かなかったりしたら交換のタイミングが近いかもしれません。

給湯器を購入または、設置して1年以内なら初期不良や保証もあるので、修理できる可能性が高いですね。
ただ寿命(耐用年数)が10年程度ということを考えると、明らかに交換のタイミングと考えていいですね。

近ごろのタイプは性能も安全性もよいものばかりなので、あとは急に水しか出なくなるなどのトラブルに遭わないためには早めの交換を考えておきましょう。


給湯器 値段

給湯器の値段は、5万から10万円くらいが中心です。
ノーリツやリンナイなどの有名メーカーの価格帯なので、品質には問題ないでしょう。

ただこれは本体の値段ですので、交換にかかる費用や処分する費用などを考えると10万円くらいの予算を考えておいた方がよいでしょう。

本体価格+作業費用(人件費)はほとんど同じくらいですので、よほど高額でもない限り適正価格と考えていいでしょう。

ただ注意が必要なのは、年末の特にボーナスシーズンになると一気に注文が増えるため交換作業を行えないかもしれません。

給湯器の調子が悪いようであれば、業者の無料見積もりなどで、状況を確認しておいた方がいいかもしれません。

給湯器 耐用年数

給湯器の耐用年数は、だいたい10年です。
もちろん利用頻度にもよりますが、部品の劣化を考えてもあまり使っていないから20年はもつだろう。ということはありません。

まぁ8年も使っていれば、十分に活躍してくれていると思います。
お湯が出ないことが何度か続いたら交換か修理を考えてみましょう。 5年以下なら修理、それ以上なら交換を考えた方がよいかもしれませんね。

水漏れくらいならいいのですが、配管の寿命だったりするとガスによる事故やガス漏れも考えられるので注意が必要です。
特に冬場の場合はお風呂や台所仕事に大きな影響を与えることになるので、十分に注意してくださいね。



給湯器交換なら満足度No1の実績 年中無休で即日にも対応